NEWS 新着情報

新病院の概要

OVERVIEW 新病院の概要

病床数

185床
周産期・新生児・女性病棟38床

急性期病棟53床
回復期病棟52床
慢性期・地域包括病棟42床(療養病床21床、地域包括ケア病床21床)

診療機能 救急医療機能(第2次救急医療機関)、リハビリテーション医療、人工透析機能、周産期医療、
訪問看護ステーション、総合診療・在宅訪問診療
診療科目 内科、呼吸器内科、循環器内科、消化器内科、胃腸内科、総合診療科(在宅訪問診療)、外科、肛門外科、整形外科、脳神経外科、泌尿器科、小児科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、皮膚科、リハビリテーション科、放射線科、麻酔科
医療機器 3.0テスラMRI装置
64列128スライスCT装置
リハビリテーション支援ロボット
超音波診断装置
内視鏡検査装置
終夜睡眠ポリグラフ検査装置
骨密度測定装置(DEXA法)

お車でお越しの場合

  • 高速道路をご利用の場合:東名阪自動車道桑名ICより東桑名市街方面 約5分
  • 高速道路をご利用されない場合:国道23号線和泉ICより北西 約15分 国道258号線経由国道421号線沿い

電車・バス・タクシーでお越しの場合

  • 近鉄・JR桑名駅より三重交通バス
  • 近鉄・JR桑名駅よりタクシー約10分
  • 桑名市コミュニティバス(K-バス)西部南ルート バス停希望ヶ丘より北西 徒歩約5分
病院の写真
病院の写真
病院の写真
病院の写真
病院の写真
病院の写真
病院の写真
病院の写真
病院の写真
病院の写真
病院の写真
病院の写真
病院の写真
病院の写真
病院の写真
病院の写真
病院の写真
病院の写真
病院の写真
病院の写真
病院の写真
病院の写真
病院の写真
病院の写真
病院の写真
病院の写真
病院の写真
病院の写真

OUR CONCEPT 新病院のコンセプト

安心と満足を提供する、
地域のための病院をめざす。

Providing peace of mind and satisfaction.
Aim to be a hospital
for the community.

医療法人尚徳会理事長 鈴木賢二

医療法人尚徳会
 理事長

鈴木 賢二

地域医療に貢献する病院
を目指します

皆さま初めまして令和元年7月1日より与那覇尚理事長の後任として理事長職を拝命致しました鈴木賢二と申します。
現在ヨナハ総合病院は一般病棟53床(一般病床38床、地域包括ケア病床15床)、療養病棟42床、桑名・員弁地区唯一の回復期リハビリテーション病棟52床の合計147床を擁し、病態に応じた入院施設を備えており、隣接するヨナハ産婦人科小児科病院は周産期・新生児医療を担い38床で稼働しております。文字通り救急医療、高齢者医療、産婦人科小児科領域における周産期・新生児医療、リハビリテーション医療、透析医療など多岐にわたる領域で、新生児から高齢者まで幅広い医療・介護サービスを展開し、北勢地区の地域医療の一翼を担っております。

さて、我々ヨナハ総合病院は、本年2021年11月に、ヨナハ産婦人科小児科病院と合併して185床の『ヨナハ丘の上病院』として桑名インターの近傍に新築移転し、新しくスタートする予定です。新病院は患者さま、患者さまのご家族さらには職員のアメニティーをこれまで以上に考慮したまさに我々尚徳会の基本理念である「かかわりあうすべての人々の安心と満足を創造する」施設として地域の皆さまにますます頼りにしていただける病院として頑張ります。よろしくお願い申し上げます。

ヨナハ総合病院院長 東口髙志

医療法人尚徳会
ヨナハ総合病院 院長

東口 髙志

すべては患者さまのために
(All for Patients)

皆さま、本院ホームページにアクセスしていただき誠にありがとうございます。
私は、令和3年(2021年)4月1日より鈴木賢二現理事長の後任として院長職を拝命いたしました東口髙志と申します。
本院は、昭和50年(1975年)6月、現会長の与那覇尚先生が現在地(三重県桑名市和泉)に22床のヨナハ産婦人科病院を開設されたことから始まりました。翌、昭和56年(1981年)には医療法人が設立されヨナハ病院と改名、その後ヨナハ総合病院と改名して現在に至っております。2021年4月からは総合診療科に在宅診療部門が新設され、地域に根差した医療・介護・福祉の実践を展開し急性期から在宅医療までの切れ目のない一貫した医療の提供を目指しております。

さて、われわれヨナハ総合病院は、本年2021年11月に、ヨナハ総合病院とヨナハ産婦人科小児科病院とが合併し『ヨナハ丘の上病院』として生まれ変わります。この合併によって以前より創設者が理想としてまいりました「この地でお産まれになられてから人生を全うするその日まで」を一貫して支える“人生の地域総合支援”を実践できる全国でも数少ない病院になるものと思っております。皆さまのご健康と幸せな生活をずっとこの地で守っていきながら、皆さまからも深く愛される病院になれるよう職員一同一丸となって頑張っていく所存でございます。なにとぞよろしくお願いいたします。

FEATURES 新病院の3つの特長

  • 地域に密着し地域を支える。

    地域密着で自分の生活が取り戻せるように、寄り添う診療を行います。

    医療と医療、医療と生活を不断につなぎ、安心して暮らせる地域社会づくりに貢献します。

  • 新生児から高齢者まで人生すべてを支援する。

    赤ちゃんからお年寄りまで世代に合わせて総合的な診療を行います。

    安全で質の高い周産期管理から幸せな人生を全うするための在宅医療・介護を提供します。

  • チームを主軸とした医療を展開する。

    多職種連携「チーム医療」で安心した治療を行います。

    すべての専門職が互いの専門性を尊重し、緊密な連携のもと患者さま一人ひとりに向き合います。

医師紹介

医療コラム

FAQ 新病院に関するよくある質問

現病院はいつまで診察されますか?また、新病院はいつから受診できますか?
・現病院での診察
2021年10月26日(火)まで

・新病院での診察
2021年11月1日(月)より
※2021年10月27日(水)~10月31日(日)の期間の外来診療は休診となります。
交通アクセス(バスやシャトルバス等はありますか?)
公共交通機関によるアクセスはこちらを参考してください。
シャトルバスについては、現在の総合病院の場所から新病院までの運用を検討中です。
フロア図はありますか?

各階のフロア図はこちらになります。

1階
2階
3階
4階
5階
隣接している調剤薬局はありますか?
ヨナハ丘の上病院の敷地内に調剤薬局として隣接誘致を進めております。
病院から一番近い調剤薬局としてご利用いただけます。
新病院で一緒に患者さんやご家族に優しい病院をめざしませんか?

新病院で一緒に患者さんやご家族に
優しい病院をめざしませんか?