医療コラムColumn

皮膚科 増地医師

帯状疱疹ワクチンの予防接種を受けましょう!

幼児期に水痘(水ぼうそう)にかかった人は、50歳代以降で帯状疱疹を発症しやすくなります。
80歳ごろまでに3人に1人が発症するとも言われています。
加齢や疲労によって免疫が低下すると、体内に潜伏していた水痘ウイルスが末梢神経を通って増えて、皮膚に水疱や腫れを起こします。
1週間ほど前から神経痛が先行することが多いです。
顔の三叉神経に発症すると、顔面神経麻痺や視力障害のなどの合併リスクがあります。
当院では皮膚科、眼科、耳鼻科、麻酔科(ペインクリニック)が連携して早期に適切な治療を受けられるよう努めていますが、強い痛みが後遺症として残る人もいます。
このように一度発症するとやっかいな帯状疱疹ですが、現在は50歳を過ぎたら予防接種を行うことができます。
50〜60歳台前半の人には水痘ワクチンも有効ですが、60歳台後半以上の人や免疫抑制剤や抗がん剤などの治療を受けている人にも有効な不活化ワクチンが認可されていて、当院でも接種をお勧めしています。
任意接種で自費になりますが、名古屋市など接種費用を助成している自治体では接種率がかなり向上しているそうです。
「ワクチンで予防できる病気は、きちんと予防する」ために、是非ご相談ください!

帯状疱疹の予防接種のご案内はこちら(PDF)

皮膚科 増地

医療コラム一覧

ページアップ
調べる

交通アクセスACCESS

お車でお越しの場合

  • 高速道路をご利用の場合

    東名阪自動車道桑名ICより東桑名市街方面 約5分

  • 高速道路をご利用されない場合

    国道23号線和泉ICより北西 約15分
    国道258号線経由国道421号線沿い

電車・バス・タクシーでお越しの場合

  • 近鉄・JR桑名駅より三重交通バス
  • 近鉄・JR桑名駅よりタクシー約10分
  • 桑名市コミュニティバス(K-バス)西部南ルート バス停希望ヶ丘より北西 徒歩約5分
詳しい交通アクセスはこちら
病院の写真
病院の写真
病院の写真
病院の写真
病院の写真
病院の写真
病院の写真
病院の写真
病院の写真
病院の写真
病院の写真
病院の写真
病院の写真
病院の写真
病院の写真
病院の写真